日本MOT学会 -Japan MOT Society-

日本MOT学会誌について

HOME > 『日本MOT学会誌』について

『日本MOT学会誌』について

ABOUT THE JOURNAL OF JAPAN MOT SOCIETY

目的:『日本MOT学会誌』は、MOTに関する独創的な研究成果や有用な学術情報を公刊し、もって当該領域に携わる産学官の専門家の間に研究成果等を共有せしめるとともに、学術的知識の体系化と高度化に寄与することを通じて、経済・社会の発展に貢献することを目的とする。

沿革:日本MOT学会は、設立当初より独創的な研究成果の公刊に取り組み、当学会に投稿された学術論文のうち厳正な査読を経て受理された論文は、一般社団法人「科学技術と経済の会」が刊行する『技術と経済』誌に掲載してきた。この査読付き学術論文等の掲載は、同誌No.474(2006年8月刊)以来、不定期に継続してきたところ、当学会は研究成果のより広範な普及を企図し、2013年度から『日本MOT学会誌』を独自のオンライン・ジャーナルとして発行することとなった。『日本MOT学会誌』の発行以後は、これまで『技術と経済』誌に掲載してきた全ての論文をオンラインで閲覧に供するとともに、新たに受理された査読付き論文は『日本MOT学会誌』に掲載の後、引き続き『技術と経済』誌に転載することとなった。

ページ先頭へ